子供部屋と天井裏にいるネズミ駆除を業者に依頼すると

subpage1

業者はまず子供部屋の主である子供に、どの部分にネズミがいたのかを聞きます。

そして、子供が見た場所を丁寧に調べて、糞が落ちていないかを確認します。


ネズミは日常的に何かを食べていないといけない生き物なので、滞在場所には必ず糞をするので、糞がある時はネズミがやってくる場所と判断可能です。

糞があった時は、ネズミ駆除をすることになりますが、その前にどこから侵入してきたのかを調べます。
壁際に箪笥か机があった際は、その後ろに穴が開いていると想定されます。


その穴の中へ厚めの紙を折り畳んで小さくして、深く押し込めばネズミ駆除終了です。

粘着型の罠を穴の周囲に置くやり方もありますが、それでは再びネズミがやって来る恐れがあるため、発生源を塞いだほうが効果的です。
天井裏のネズミは数が沢山いると業者が判断した場合は、天井裏にネズミ駆除用の餌を撒きます。



その餌の周囲に、ネズミが好みそうなハムやチーズを小さくした物を置くと便利です。

T-SITEの情報探しはこのサイトから初めてください。

ネズミが活動するのは主に夜だと思われるので、罠を設置した後はしばらく放置します。

早ければ数日以内、遅くても10日以内には効果が出てきます。
天井裏が静かになった時は、業者を再び呼んで調べてもらいましょう。


おそらくですが、ネズミ駆除が完了している可能性が高いです。



ただ、駆除用の餌は速効性ではないので、周囲のあちこちでネズミが倒れているはずです。

ですが、業者にお任せすれば、それらのネズミを1匹残らず集めて処理してくれるので大丈夫です。